【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具


【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。




【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2019年02月05日

書道教室のある日、
先生から事情があって来られないと連絡がありました。

そして、
おれが先生の代わりを務めることになってしまいました。

以前から先生には
「おれが来られない時には、代わりに教えて欲しい」と
言われていたんです。

今年の年賀状にも
「期待しています」と書かれていました。

そしてついにその日が来てしまったのです。

その日は課題の締切になっていて、
課題を仕上げないといけませんでした。

おれにそんなことができるだろうか…と思いました。
でも、思い悩んでいても仕方がありません。

お子さん達がこれまで練習してきた成果を充分に発揮できるよう、
できることをただ精一杯やるだけです。

課題は、その月毎に決まっていて、
一ヶ月くらい時間をかけて仕上げていきます。

でも、部活動や事情があって、
そんなに時間をかけられないお子さんもいます。

その日、部活動で教室を休んでいた子達が来ました。
そのお子さん達は、その日1日で課題を仕上げないといけません。

「このお子さん達の今月の成績が悪かったらどうしよう」
一瞬そう思いました。
でも、次々にお子さん達はやってきます。

無我夢中でお子さん達と一緒に課題に取り組んでいるうちに、
いつの間にか不安なんてどこかに行ってしまいました。

お子さん達と接しているうちに、
お子さん達なりにおれに気を使ってくれてるんだなぁと
感じられることがありました。

おれが準備をしていたら、
早く来たお子さんが手伝ってくれました。

自分から「もう嫌だ」とか「もう駄目だ」と
あきらめてしまうお子さんもいません。

片付けも最後になったお子さんが手伝ってくれました。

お子さん達に助けられた1日でした。
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド