【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました

【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました


【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?




【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2019年04月06日

シェイプアップでリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

シェイプアップのリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらにシェイプアップ前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
シェイプアップなのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんなシェイプアップの敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとしたシェイプアップ計画を立てていきましょう。

シェイプアップで
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
ぼくたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の身体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食べる事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に身体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
身体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、シェイプアップを続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
ついシェイプアップを断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
シェイプアップをやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら身体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
シェイプアップでリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!

【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました

【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド