【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。




【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2019年04月21日

太っていたときの私は、
ダイエットのために、
ご飯やパンなどの炭水化物を控え、
糖分や塩分も控え、脂肪分も控え、
肉は完全に食べずに過ごしていました。

それでも、全然痩せませんでした!

ダイエットが成功しなかった原因は、
実は、栄養失調だったようです。

ところで、
島国である日本人には、
特別なDNAが受け継がれているといわれています。
それは、節約遺伝子といって、
食糧が確保できなくなったときに飢えて死んでしまわないよう、
栄養が不足すればするほど、脂肪をため込もうとする遺伝子です。

ダイエットで栄養が不足してくると、
節約遺伝子が活発になり、生命を維持するために
なんとしても痩せないように頑張るのです。

みなさんは、
食事制限のダイエットをして、
せっかく一時的に体重が落ちたのに、
すぐにリバウンドして、
かえって以前より太ってしまったという経験ありませんか?

それには、この遺伝子が大きく関係しているんです!

栄養が不足してくると、からだは「節電モード」になります。
からだが普段使うエネルギー量を最小限にして生命を維持します。

そんな状態のところに食べ物がちょっと入ってくると、
からだは「このチャンスを逃したら大変だ」とばかりに、
そこから思いっきり栄養をとろうとします。

栄養が十分なからだであれば、あっという間に、
基礎代謝で消費してしまうようなエネルギーも大切に使おうとするため、
結局、それが脂肪としてからだにたまってしまうのです。

このようにして、食べない人は、
だんだんとダイエットが成功しにくい
からだになっていくんですね。

ダイエットを成功させたいなら食事をしましょう!
自分のからだを味方につけることが、
ダイエットにとって大切だと思います。

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
【レーシックガイド】レーシックとドライアイとの関係
【レーシックガイド】気になるレーシック手術の使用器具
【レーシックガイド】レーシックは妊娠中は避けるべき
【レーシックガイド】あの松坂選手もレーシックを受けました
【レーシックガイド】レーシックを受けることの出来ない目の状況
【レーシックガイド】目に疾患がある時のレーシック
【レーシックガイド】最も気になるレーシックの治療費用
【レーシックガイド】自分に見合ったレーシックの種類を把握
【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネからの卒業レーシックガイド