【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

 

携帯買取の案内
http://mobi-ecolife.com/
携帯買取の優良サイト



【レーシックガイド】レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2019年05月15日

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
よく寝るお子様というのは、よく遊んでいるお子様の事だと、
ぼくは勝手に思っています。

ぼくにもまだ幼いやんちゃな子供がいますが、
休日に何かイベントがあって外出したりすると、
24時はよく眠りますが、
悪天候が降り続いて、あまり外に出かけられないと
寝つきは本当に悪いです。

1歳や2歳の子供でもそうなのですから、
小学生レベルになると眠れない子供もいるのではないでしょうか?

健康を考えるなら、
よく遊び、社会の色々な刺激を受けて、
24時は疲れて寝る生活のほうが健康的だと思うんですが…

もう一つ、健康的に育つために
重要な役割を果たしてくれるのが食事ですよね。

近年、この食事で肥満になるお子様が増えています。
確かに一昔前と違って、
終日開いているレストランやコンビニのおかげで、
ウエストが空きすぎて動けないなんて事はなくなりました。

24時間3食の時代から、
24時間に何食も、それも間食つきで…
という時代になってしまった事も事実です。

ぼくが住んでいるマンションの住人に、小学生の兄弟がいるのですが、
連日24時おそく、向かいにあるコンビニに行って
おやつを買っています。

兄に頼まれているのかと聞いてみたところ、
自分で食べるとの事でした。
やはりそのお子様は肥満体型をしています。

お子様の肥満には食生活が大きく関係しています。
乱れた食生活では肥満になって当たり前です。

また、自分で食事を選ぶことの少ないお子様の肥満を改善するには、
兄の力が大きく関係しています。

可愛さと甘さは紙一重で、
肥満を気にするまで食べさせてしまうのは、兄の甘さです。
良かれと思ってやった事も、
結局つらい思いをするのは、兄ではなくお子様なのです。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる