【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わる

レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 

 



【レーシックガイド】適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2019年04月16日

減量の基本は…
「栄養バランスのとれた食事」と「適度な体操」。

食事については何とかできても、
なかなか体操が…という人は、僕を含めて結構多いようです。

特に日ごろ体操していない人にとっては
これがプレッシャーになることも…

確かに、いきなり身体を動かせ!と言っても、
難しいですよね?

そこで、僕がやっている、
誰にでもできる適度な体操を紹介します。

それはストレッチです。
筋肉の筋をのばすだけの体操ですが、
十分な減量効果を期待することができるんですよ。

なぜ体操が減量に必要かというと、
筋肉が僕たちの身体の中でも
最もエネルギーを消費するからなんです。

痩せるということは、
食べ物などで身体に入ってくるエネルギーよりも
消費するエネルギーの方が多くないといけません。

だから、体操によって筋肉を鍛えることで、
エネルギー消費のしやすい身体を作ることが必要なんです。

すると、減量に成功した後でも
エネルギー消費しやすい状態は筋肉がある限り続いていきますから、
リバウンドの心配も無くなります。

僕も経験がありますが、
パソコンなどに長時間向かっていると
肩や首の筋などがこってきたり、だるくなったりことがありますよね。

ちょっと作業がひと段落すると、
首を後ろに倒したり、背伸びをしたりします。
皆さんもこのような経験はありませんか?

実は、これも筋肉をのばすという作業に含まれます。
ですから、立派なストレッチ体操になるんですよね。

減量には、激しい体操を月一回行うよりも、
ストレッチのような軽い体操を、
連日続けた方が効果があるそうですよ!


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる